導入すべき3つの理由

オンラインチャット

仕事用とプライベート用を区別できる

近年では相手に連絡を取る方法として様々なツールを使って連絡することができます。しかし、個人の携帯で仕事とプライベートが一緒であることに関して抵抗のある方もいます。また、個人の携帯で業務連絡を行っている場合は、紛失による情報の流出のリスクもあるのです。さらに、退職者の携帯に会社の情報が残るということもあり得るのです。そのため、仕事用に使う社内チャットとプライベート用にSNSツールを使い分けることが必要なのです。

チャットでやり取りしたデータが保証される

業務連絡用にSNSを利用するリスクとして、やり残したデータが保存されます。そのため、個人の携帯もしくは、取引上責任のない外部サーバになるのです。無料で使用している以上、仮にデータの一部もしくは全部が消失するようなことがあったとしても、SNS運営側に対して保証責任を求めることが難しいのです。しかし、社内チャットの場合であればデータは社内で保存することになりますし、データが消失したとしても対応することができるのです。

機能が充実している

普段日常生活の中で利用しているSNSツールは、ちょっとした会話を楽しむためには便利ですが、業務用としては機能が充実していないのです。業務上のやり取りではファイルなどを送ったりしますが、普段使用しているSNSツールの場合であればファイルなどを添付することが出来ないといったケースもあります。一方で社内チャットの場合であれば、ファイルの添付はもちろん、以前のファイルデータも保存することができるのです。そのため、業務の効率を高めるためにも、業務を行う際には社内チャットを使用するほうがいいのです。

広告募集中